2006年12月26日

~ Tsunami ~2004.12/26

あれから二年の月日が過ぎようとしている。
たくさんの犠牲者がでたスマトラ沖地震、その爪跡はまだまだ癒えてない。。。
全てを流され全てを失った、たくさんの人々がいます。
この曲はその犠牲にあわれた方々、亡くなってしまった方々へのレクイエム。

〜曲のはじめのゆっくりした部分は被災にあった
少年が家族の中で自分だけどうにか助かり、これからどうなっていくのか
不安の中少しづつ希望を見いだそうと一生懸命に今を生きてる。 
中盤リズムが早くなっていく場面は少年が夢でTsunamiを見て 
あの日の回想部分。。。そう約24万人の命が一瞬に。。。〜




●ワンクリック1円募金のサイトです
『クリックで救えるいのちがある』 覗いてみて下さいね☆
http://www.dff.jp/

posted by BUN from KOH-TAO at 06:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆peace song☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもよりひとつひとつ響くカリンバの弦が力強く感じます。
さみしげななかにも、コア(核)な部分に、しっかりと愛や揺るぎないものが聴こえるのは、生きとし生きるいのちの希望なのかな。
************************
LOVE THE LIFE WE LIVE
LIVE THE LIFE WE LOVE
************************
生きているこのいのちを愛し
愛するこのいのちに生きる
Posted by wayorico at 2006年12月26日 19:38
wayoricoさん
コメントありがとう。
これはシンプルにカリンバのみで作ってみました。
一音一音の想いや気持ちを込めた1曲です。いのちの唄。
Posted by BUN at 2007年01月01日 15:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。